証紙の有無


着物買取査定では、証紙の有無もポイントになります。
着物の証紙というとあまり聞いた事がない方もいるのではないでしょうか。

 

実は着物を購入すると必ずと言っていいほどついてくるもので、どこで作られたものでどのような着物なのかを証明したものです。

 

宝石でいう鑑定書のようなものなのです。とはいうものの、はっきり言ってこの証書は普段は使用しません。
よほど高価な着物でもない限り、証紙を大切に保管しておらず、捨ててしまったりしている人もいます。

 

もちろん、通常であれば、証紙は要りませんからなんの不都合もありません。 
ですが、この証紙は着物買取してもらう際のポイントになるのです。
この証紙自体には価値があるものではありませんが、この証書の有無によって査定額が大きく変わってしまうこともあるのです。

 

もちろん、着物の買取査定をする方はある程度着物に精通している方でしょうから、この証紙がなくても着物の価値を正確に判断できるでしょう。ですが、証紙があればより確実です。

 

もちろん、証紙がないと着物が売れないのか、というとそういう訳ではありませんが、あるだけで査定額がアップする可能性はあります。
また、その着物の価値をちょっと調べたいという時にも証紙があれば電話で確認する事もできるでしょう。

 

証紙は何も知らないと捨ててしまいがちです。
それ自体には価値がありませんが着物を売る時には非常に重要なポイントになってきます。
もし、着物を整理している時にこれを見つけたなら捨てずにしっかり保管しておきましょう。
 


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ