生地の質

高貴な着物
着物買取査定では、着物の保存状態やその時の流行は大きなポイントになります。ですが、それ以前に大きなポイントとなるのが、その着物の生地の質です。

 

どんな生地でも買取可能というわけではなく、ものによっては買取不可となってしまうケースもあるのです。

 

生地の質としては絹であることは基本です。それも他の素材が混じっていない正絹です。

 

着物も多様化しており、今はリーズナブルな価格のもの、自宅でも気軽に洗える着物、素材が軽くて動きやすい素材等いろいろあります。

 

店頭では着物が数千円で購入できるものまであるのです。ただ、それらのほとんどはウールや化学繊維を用いて作られた生地です。

 

使い勝手が良くていいのですが、これらの素材だとどうしても着物買取不可となってしまう事があります。買取してもせいぜいキロいくら、という単位で微々たる価格での買い取りとなってしまうでしょう。

 

それもそのはず、数千円で購入した着物をリユースしても買う人がそうそういないからです。
数千円で新品を購入できるのに、わざわざ中古品で着物を購入する人も少ないでしょう。

 

ですので、そういった生地の質の着物は高く買取してもらえないだけでなく、買取すらしてもらえないケースが多々あるのです。

 

もちろん、処分するつもりであればわずかなお金でもいいですが、まだ着る機会があるのであれば売らずに保管しておくことも考えた方が良いでしょう。
もし、生地の質が判断出来ない、という方は念の為買取査定してもらってもいいでしょう。

 


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ