着物買取りラボ TOP > 着物の処分方法 > 燃えるゴミとして捨てる

燃えるゴミとして捨てる

保管する着物

要らない着物、もう二度ときることのない着物が出てきたら、タンスの肥やしになるだけだから処分したいと思う方もいるでしょう。
そんな着物の処分方法としては、生活ゴミと一緒に燃えるゴミとして一緒に捨ててしまうという方法もあります。

 

粗大ごみであれば、捨てるのにも費用がかかりますが、燃えるゴミとして捨てるのであれば、費用はかかりません。

 

ただ、たとえ自分はいらない着物、着る事のない着物だったとしても、着物によっては価値のあるものもあります。

 

たとえお祖母さんなどが着ていた古い着物であっても、貴重なものもあるのです。

 
もちろん、自分が着物の知識があり、格安着物店で数千円、数万円程度で購入したウールや化学繊維の着物だったり、虫食いやカビがついてどうしようもない状態の着物であれば、本当に価値がないでしょうから燃えるゴミでも構いません。

 

ですが、着物の状態もそれほど悪くない、どういった生地で、どんな着物で、どれくらいの価格で購入したものなのか分からない、という場合には安易に燃えるゴミとして捨ててはいけません。
もしかすると、価値のあるものかも知れないのです。

 

このように、着物の価値が分からない、という方は燃えるごみとして捨てる前に着物買取業者や着物販売店にその着物の価値を聞いてみるといいかもしれません。

 

その上で何の価値もないようなら捨てていいでしょう。
意外と着物は自分が分からないだけで古くても価値があるものもあります。
ですので、捨てるのはいつでもできるので、一度査定してもらうといいでしょう。

 


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ