ブランドや有名作家の着物

高貴な着物
着物買取査定でポイントになるのは、その着物が誰がデザイン・製作したものなのか、どこで仕立てたものなのかという点です。

 
ご存知の通り洋服やバッグなどは、見た目はあまり違いが分からなくても、有名なデザイナーがデザインしたブランド品は中古でも高値で取引されます。

 

着物も同じで、有名作家の作品や老舗の呉服店が仕立てた着物、その他加賀友禅や京友禅などのようなブランド化した着物などいろいろあります。
もちろん、誰が仕立てたのかわからない着物などもたくさんあります。

 

買取査定では基本的に流行に合った柄やデザインであるのかや、生地の質などを重視されますが、有名作家の作品等は、それだけで希少価値が上がり高く取引されるのです。

 

それは、ネームバリューというだけでなく、そういった有名な作家、有名な呉服店が仕立てたものであれば、当然生地の質もいいものです。
そのため、査定では間違いなく高く取引されるのです。

 

もちろん、保存状態によっても変わってくるのですが、保存状態も良く、流行の合った人気のあるものであれば、査定の大きなポイントになるでしょう。

 

とはいっても、着物に精通していない方がその着物を見たところで、有名作家のものなのか、一般の方が仕立てたものなのかは判断出来ません。
ですので、しっかりと着物について詳しい買取業者に査定してもらう事が大切です。
 


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ