着物買取りラボ TOP > 着物買取に関するQ&A > シミや汚れは自分で処理すれば着物買取額は高くなる?

シミや汚れは自分で処理すれば着物買取額は高くなる?

考える女性のイラスト
着物買取では、シミや汚れ、虫食いやカビなどがある着物は買取査定額はマイナスされてしまいます。
そのため、着物の保管はしっかりしておかなければいけません。
 
では、逆を言えばシミや汚れがある着物でも自分で処理すれば買取額は高くなるのでしょうか。
もちろん、シミや汚れがない状態で査定に出せば、その点でマイナス査定になることはないでしょう。
 
ただ、それはあくまで綺麗に処理した場合に限ります。
シミが少しでも残っていたりすれば、当然マイナスになります。
 
また、気をつけないといけないのは、自分で処理をして生地を傷めてしまうことです。
何の知識もない方が洋服を洗う要領でゴシゴシ洗ってしまったりすると、生地が傷んでマイナス査定どころか売り物にすらならなくなるのです。
 
シミや汚れは、程度によっては自分でも処理できるかもしれません。
ですが、素人が簡単に消せる程度のシミや汚れ程度であれば、大幅にマイナス査定されることはありません。
 
むしろ、自分で処理が不安だという方は生地を傷めるリスクがあるのですから、そのまま査定してもらったほうがいいでしょう。
また、仮に自分で処理できるのであれば、保管する段階でしっかりとシミや汚れを落としておきましょう。自分での処理が不安だからクリーニングに出すという方もいるでしょう。
 
もちろん綺麗に保管するためにクリーニングするのであれば問題ありません。
ですが、査定のためにクリーニングに出してしまうとクリーニング代がかかるわけですから、マイナス査定された方がいいのか、クリーニングに出した方が安く済むのかわからなくなってしまいます。


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ