シミや汚れがないか

指さす女性
着物買取査定では、着物の状態がポイントになります。
着物買取業者では買取した着物をそのままリユース、もしくは仕立て直し等をして売るわけですから、着物の状態が良いものが好まれます。

 

そのためポイントとなるのはシミや汚れ、カビや虫食いがないかという点がチェックされます。

 
 
着物は今は日常的に着用するものではなく、人によっては何年も何十年もタンスにしまいっぱなしになっていることも少なくありませんので、知らない間にカビや虫食いができている場合があります。
 
 
また、着用した時にシミや汚れをそのまま放置しているケースもあります。
当然そういった状態の悪い着物だと買取査定額は大幅にダウンしてしまいます。

 

着物査定のポイントはいろいろありますが、ある程度着物の知識がある方であればひと目見ただけである程度その着物の価値が分かります。

 

そのため、それだけをチェックするのであれば査定にはそれほど時間がかかるものではありませんし、どの業者でも査定額に違いはありません。
当然リユースした時の買値もある程度わかるでしょう。

 
 
査定員が最も重要視してチェックするのが、汚れやシミです。

 

リユースするならそのままの状態では売れませんから、しっかりと汚れやシミを抜くことになるでしょう。ですので、その費用分は確実にマイナス査定にしなければいけないのです。

 

まだ汚れやシミを簡単に落とせる状態であればいいですが、カビや虫食い、広範囲にわたる汚れやシミ、色褪せとなると場合によっては買取不可となることもあります。

 


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ