その時の流行

陳列されている着物
ファッションにはその時の流行があります。
当然、新作のブランド品や小物、洋服などはその流行に沿ってデザインされ製作されるものです。

 
それは、その時の流行に合ったものなら買い手が多くつくからに他なりません。

 

新作に限らず、たとえ中古品やリサイクル品だったとしても、その時の流行に合っていれば売れるのです。

 

これは洋服や小物に限ったことではなく、着物も同じ事です。
着物もその時の流行に合っているものなら高くリユースできるため、着物買取査定額が高くなるというわけです。

 

そのため着物買取査定では、その時の流行に合っているのか、という点がポイントになります。
逆を言えば流行に合っていないデザインや柄のものは、価格が下げられてしまいます。

 

ただ、洋服や小物などと着物の違いは、着物はその時の流行にもとらわれない、言い換えればいつでも人気のデザインや柄というものがあります。

 

古典的なデザインなどは、いつの時代も人気があるものですので、古くても査定額がしっかりつく可能性があります。そのため、本来着物も新しいものほど価値が高くなりますが、ものによっては古くても価値が高いものがあるのです。

 

ただ、最近若い方に人気のあるパステル系の淡いデザインのものは、古典的なものに比べると流行り廃りが出やすいと思われます。

 

ですので、そういった着物であれば、流行っている時期に早めに買取してもらったほうがいいかもしれません。

 


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ