着物買取りラボ TOP > 着物の処分方法 > そのまま保管し続ける

そのまま保管し続ける

保管する着物

不要な着物がある場合、それをどうにかしようと思う方は多いのではないでしょうか。

 

その着物の処分方法としては、もったいないのでそのまま処分せずに保管し続けるというのも選択肢の一つです。

着物はものによっては思い出のあるものですし、洋服のように簡単に処分できるものでもありません。

 

処分の仕方も分からないし、売ろうにも売れないだろうから、という理由で保管し続ける方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、着物を保管し続けることは悪い事ではありません。思い出の品はいつまでも持っておく事も大切なことです。

 

ですが、その着物がそんなに思い入れのあるものではない、処分したいけどどうしたらいいからからないと思ってそのまま保管し続けるのであれば、売ってしまうという選択肢もあります。

 

着物はなんとなく新しい、古い、というのはあまり関係ないように思われます。

確かに洋服のように頻繁に着るものではなく、着る人でも1年に1~2度、人によっては一生に1~2回しか着ないという方もいるでしょう。

 

そのため、それほど使い古されるという事はありません。

また、有名作家や老舗呉服店の仕立て品、生地のいいものなどは、古くなっても価値は下がる事は少ないです。

 

ただ、着物にも流行がありデザインによっては価値が下がってしまうものもあるのです。

いくら状態が良くてもその時の流行に合っていないと高額買取はしてもらえません。

ですので、もし必要のないものでしたら、売ってしまった方がいいかもしれません。

 

もし、そのまま保管し続けるという方は、しっかりと湿気のない部屋・タンスに防虫剤等をしっかり入れ、定期的に風を入れて陰干しするなどのメンテナンスはしないといけません。

 


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ