着物買取りラボ TOP > 着物買取額アップするには > しっかりと保管しておく

しっかりと保管しておく

着物の買取額をアップするため、逆にダウンさせられないためには、やはりどのようなものでも着物の状態は大きなポイントになります。
いくらいい着物だったとしても虫食いやカビ、シミや汚れ、黄ばみ等があれば、買取額は大幅にダウンしますし、場合によっては買取不可になってしまうこともあります。
 
着物の状態を良くするためには、保管の仕方がとても重要になります。
着物は大切に保管しているという方がほとんどでしょうが、洋服とは異なり、頻繁に出してきて着るものではなく、タンスにいつまでも保管しておくので、虫食いやカビなどができやすいのです。
 
しかも着物の生地となる正絹は非常に湿気に弱く、虫も食いやすいのです。
それでいてタンスにしまう時には洋服のようにクリーニングに出してから、ということもないでしょう。
見た目はそれほど汚れていなくても一度着物を着れば汗や皮脂等がついていますから、そのままタンスにしまってしまうとそこから黄ばみとなってしまうこともあるのです。
 
そうならないためには、汚れやシミがついてしまったら早急に綺麗にする事はもちろん、一度着用したなら陰干しをするなどして定期的に風を当てる事も大切です。
そして着物を保管しておく部屋はしっかり除湿をし、防虫剤などを入れてカビや虫食いを防止する対策をしましょう。
 
このようにして、しっかりと保管しておけば、いざ着物を買取してもらう場合に、マイナスされたり買取皮下になることなく、それどころか高額になる事もあるのです。


↓まずは無料査定からはじめませんか?↓



このページの先頭へ